photographer養成スクール
賛否両論ありますが
たった半年でプロのカメラマンになれる
そんなプログラムがあっても良いと思うのです。
そんなぶっ飛んだ夢がポロッと叶ったりするから
人生は楽しい!と思えると思いませんか?

みんな最初は素人

2001年。僕も素人同然から始まったフォトグラファーという仕事。
あの時僕は、背中をおされてなかったら今の「フォトグラファー」という肩書きは存在しなかったと思います。

今、全く違う仕事をしていて、カメラマンになりたい。転職したい。昔からの夢だった。
そう思われている方もたくさんいらっしゃると思います。

でも、きっとこうも思ってると思います。
「大丈夫だろうか」。「自分に出来るのだろうか」。
まともに写真撮ったこともないのに、カメラももっていないのに仕事としてやれるのだろうか・・・・
アマチュアで撮るのとプロとして撮るのと技量の差が追いついてないから・・・
いろいろな事が頭をよぎり、悶々としてる方も多いでしょう。

経験を積める場所

「経験」さえあれば自ら自信に変えられます。
今は経験が無いから不安なだけで、いざやってみればいとも簡単にできるのかもしれません。
問題は簡単に経験を積めるところが無い事とメンタルをケアしてくれる場所が無い事です。

実は、自ら不安を消していく事よりも「やてみたら?」と言われる環境がある方が精神的に楽です。
「ほんとに大丈夫?できるの??」と言われるより「大丈夫大丈夫。みんなできてるから」と言われる環境が大事です。
背中をおしてくれる人の存在は、自分の人生を左右します。

そんな背中を押す「役割」が僕に出来るのであれば「スクール」という形でお手伝い出来ればと思っています。
本来はつながりプロジェクトという団体が作る就職支援スクールの中のクラスの一つになる予定でしたが
都合のため、期間限定の自主開催とさせていただきました。

素人同然の方が半年間で寿司技術を完全に学び、卒業後出店した店がミシュランに選ばれました。
東京にあるその専門学校は入学2年待ちだそうです。
修行に何十年もかける事が「良い技術人」を養う・・・もはやそんな精神論は通用しない時代なのかもしれません。
半年でウェディングカメラマンになる。ギャラを頂ける撮影が出来るようになる。
香川でも「半年一人前コース」そんなスクールがあってもいいと思うのです。

3月末・4月あたりで三ヶ月コース・六ヶ月コース開講予定です。
興味のある方はぜひぜひお問い合わせください。

   講座の主な内容(まだ増えるかもしれません)
カメラ編 一眼カメラの使い方・レンズ・フォーマット(RAWデータ)・カード
  クリップオンストロボ・シャッタースピードと露出・ISO
スタジオ編 スタジオストロボの使い方・光量の決め方・バック紙
  証明写真・家族写真・成人式・七五三撮影方法
ロケーション編 ロケーション撮影・露出計の使い方・アシスタントの役割
  ロケ場所・構図・レンズ・日中シンクロ
ドレス編 各衣裳の扱い方
接客編 お客さまとの接客法・撮影時の雰囲気作り
データ編集 フォトショップ・顔修正の仕方
  出力・プリントの仕方
実践 実践
PAGE TOP